【ブログ運営】Facebookに広告を出してみた効果と考察。

fb-ad5
どうも@ちゃっぺです!

facebook見てると最近はこんな感じで「おすすめの投稿」って広告がよくでてませんか。実はこんな感じの個人のサイトの広告が100円ですることができます!今回は試しにFacebookに広告を出してみたんでどんな感じだったか紹介したいと思います。

広告を出すにはビジネスアカウントが必要

fb-ad9

facebookの広告ですが、個人アカウントでは広告を出すことはできません。「facebookページ」という企業やサークルなどのファンページがそのページの宣伝をすることができます。以前(2013年頃)までは明確に「ビジネスアカウント」というものを作成できたようなのですが現在は一旦、個人のアカウント(facebookをやってる方はそのままでも大丈夫)を作成してから「プロフィールからビジネス用Facebookページへ移行」で作成することができます。以下の記事が詳しくてわかりやすいのでここでの説明は省略します。(すみません。)すでにビジネス用のアカウントを持っている方は次へ進んでください。

広告の種類は3種類

現在、facebook広告の種類としては以下の3種類あります。

1.facebookページの広告

2.登録サイトの広告

3.単一投稿の広告

WEBサイトの広告を出す

fb-ad10

「ウェブサイトの広告を出す」はfacebookページとは別の通常のウェブサイトの広告をfacebookに広告として出すことです。たとえばこのページの宣伝をfacebookに広告として掲載することができます。すでにfacebook投稿はしなくても自サイトの宣伝だけをすることも可能です。アイキャッチ画像とか変更できます。なぜか私のサイトのfacebook広告のアイキャッチ画像はサイトで設定している標準のアイキャッチ画像ではなくてある記事のアイキャッチ画像がデフォルトで指定されましたが、謎です。。。

facebookページの広告を出す

fb-ad12

「facebookページ」の広告はこのfacebookページの宣伝をする広告です。facebookページのファンを増やしたい方はこちらの広告を使うのが良いと思います。直接他のウェブサイトへの流入というよりはfacebook内でのコミニュケーションをメインにした広告です。

単一投稿の広告を出す

fb-ad7-1

「投稿」の広告はその名の通り、1つの投稿にピックアップして広告を出すこともできます。ブログやサイトの更新の投稿や一押しの投稿でトピックス的にユーザの目を引きたいときに使えそうな広告です。私のブログは雑記的にいろんなジャンルを書いているのでfacebookページやウェブサイト広告だとふわっとしているので投稿の広告が一番役立ちそうだと思っています。

支払い情報の登録も必要

money

広告を出すにはお金がかかります。そのため広告代金を支払うための手続きが必要となります。2015/8月現在支払い方法としてはクレジットカードによる支払いとPayPalによる支払いができます。広告マネージャの支払い管理でも設定できますが、初めて広告を出すときには支払い設定に誘導されるのであえて事前に設定せずに誘導に従ってクレジットカードなどの支払い情報を登録するのが楽です。どうしても事前に登録しておきたい場合は「広告マネージャ」→「支払い管理」で設定できます。

①画面左の「広告を出す」の「広告マネージャー」をクリック

fb-ad13

②画面左上のメニューから支払い情報管理を選ぶ

fb-ad15

広告の出し方(単一投稿の広告を出す)

fb-ad20

私のサイトに一番効果がありそうな「3.単一投稿の広告を出す」をやってみました。単一投稿の広告は各投稿の右下の方に「広告」があるのでそれを押すと上のような画面になります。では早速広告を出してみましょう。facebookの広告は広告を出すターゲットとして、「エリア(国、都道府県、市町村)」、「年齢」、「性別」、「趣味・関心」の4項目が上の画面が出たらまずは左上の「ターゲットを編集」をクリックし広告を出すターゲットを設定します。

fbad-14

ターゲットの編集では広告を出すターゲットを設定することができます。女性向けコンテンツの場合は性別を女性にしたり、日本だけに広告配信したい場合は地域を日本に設定します複数のオーディエンスを使い分けたい場合はオーディエンスの情報を保存することもできます。次に予算を設定します。最初から予算の欄には¥600とか¥800とか入っていますが、最低予算¥100〜広告を出すことができます。

fb-ad18

私の場合、最初に入力されている予算が600円になっていてそのまま広告を出してしまったので600円分も広告を出してしまいました。。。テストだから100円でよかったのに。。。画像だと円800になっていますが、一度600円で広告を出した後に再度広告を出そうとするとデフォルトが800円に変わってる!!値段が釣り上げられてますね。罠だwしかもあたかも800円の次は7500円(高っ!)しか設定できないように見せかけて予算のところは直接金額入力できるので(100円〜)なので好きな金額を設定しましょう。

fb-ad19

上は100円に設定した図。100円だと46〜120リーチくらいらしいです。他の2種の広告も手順としては同じです。

はたして結果は!?

fb-ad16

結果

予算:600円

宣伝によるリーチ:928

アクション:21

写真のクリック:14件

いいね!:7件

928リーチで「いいね」7件、「写真のクリック」14件。

600円にしては結構効果あるなと思います。さすが世界最大のSNSですね。基準がないし投稿の質によっても変わると思いますが、私が想像していたよりは広告の効果はあったと思います。

次にfacebookからブログへの流入ですが、以下のようになっています。

fb-ad17

facebookからのアクセス6件。

いいねしてくれた人がブログもみてくれたって感じですかね。このアクセス解析だとわかりにくいですが、朝8時くらいに広告開始したんですが開始した直後にこの6件のアクセスは集中してました。たまたまかも知れませんが、一時的に広告を出す場合は広告を開始する時間とかによって改善の余地ありかもです。

まとめ

他にも広告を出す、サービスはありますがfacebookはSNSの中でも最大級で結構簡単に広告を出せるので気をつけないと効果確認もせず、ガンガン使っちゃいそうです。(いいねされたときの脳内物質欲しさにw)やっぱり、人に見てもらえたりいいねしてもらえるのは快感ですから。しかもAmazonの購入ボタンみたいに一度支払い情報を設定した後だと、「広告を出す」を押した瞬間に確認画面もなしで広告投稿が開始されるという手軽?さ!ブログやサイトでアクセス伸び悩んでるな〜というかたは使ってみる価値ありそうですよ!!

この記事を参考にぜひ使ってみてください。お役に立てば幸いです!

長くなりましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございます!よかったらfacebookページもみてみてください!

では だんだん!

この記事が気に入ったら
いいYo!しよう

著者にYoが届いて喜びます(/▽゚\)

→「いいYo!」ってなあに?

Twitterでちゃっぺをフォローしよう!

スポンサーリンク
ad_pc1
ad_pc1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>