世界一のクラゲ天国!山形の加茂水族館に行ってみた!

kamo1

どうも@ちゃっぺです!

「流れ星」っていうドラマご存知でしょうか?竹野内豊さんと上戸彩さんが主演の臓器移植のための契約結婚をテーマにした社会派ドラマです。原案は「クラゲマリッジ」というヤングシナリオ大賞佳作を受賞した作品で、その名のとおり随所でミズクラゲに癒されるシーンが出てきます。

私はこのドラマを見て以来、クラゲの虜です(笑)この舞台となったのは新江ノ島水族館でクラゲ水槽がとても綺麗で有名ですが、実は日本には世界一を謳うクラゲの水族館があります。それが山形県の鶴岡市にある加茂水族館です。先日念願叶ってその加茂水族館に行ってきたので紹介したいと思います!

アクセス

kamo6
加茂水族館に行こうと決めてどうやっていくのか調べましたが、「山形」だから東京から新幹線で一本かな!とか軽く思ってたら山形市と加茂水族館のある鶴岡市がめちゃ遠い。。。鶴岡までは新潟経由か山形経由の2通りで行くことができます。新潟経由の場合は新潟から羽越本線、山形経由の場合は山形駅から鶴岡行きのバスが出ています。

kamo13

(鶴岡市観光協会HPより)

さらに鶴岡駅から水族館までは車で30分〜40分くらいかかります。公共交通機関(バス)だと平日には2時間に1本くらいしかない。(土日祝は30分に1本くらい)いままで行った観光地の中でもかなりアクセスが悪いです。公共交通機関を使う場合は計画的に。鶴岡市には他の観光地もあるので鶴岡市内はレンタカーの方が良いかもしれません。

鶴岡駅までのアクセス

【飛行機】
羽田空港~庄内空港(ANA)・・・約1時間
庄内空港〜JR鶴岡駅・・・約25分(連絡バス)

【新幹線】
JR東京駅~JR鶴岡駅・・・約4時間(新潟or山形経由)

【夜行バス】

鶴岡駅から水族館までのアクセス

[バス JR鶴岡駅〜加茂水族館]
湯野浜温泉行き:「加茂水族館」下車すぐ
または
鶴岡観光ぐるっとバス<加茂コース> :「加茂水族館」下車すぐ
※運行日(曜日)に注意

やっと着いたぞ!加茂水族館

kamo2

はるばる、約5時間。。。やっと着きました。平日にもかかわらず、観光ツアーのお客さんでいっぱいでした!ついたときはちょうど始まる時間だったのでまずはアシカショーを見に行くことに。どこの水族館でもアシカショーはとても楽しいですね。加茂水族館のアシカショーの会場は観客席が小さく後ろの方でもとても近くでアシカショーを観覧できます。大きな水族館だと早くから並ばないとかなり遠くになってしまうのですが、加茂水族館ではぎりぎりにショーを見に行っても近くでみれて迫力がありました!

クラゲの研究所

kamo8

クラゲ栽培センターでは生後0日〜のクラゲを見ることができます。ストロビラ、エフィラも見ることができます!わたしは初めて生でみました。こういう研究しているところを展示するは大変そうですが、見る側としてはとてもおもしろいです♪わたしは見ることはできませんでしたが、「クラゲの給餌解説」というショーも毎日やっているみたいです。クラゲに餌あげるって!何をあげるんだろう。(後でググろう。)

念願のクラゲドリームシアターへ!

kamo3

アシカショーを見終えて念願の「クラゲドリームシアター」へ!!

時間がゆっくり進むような不思議な感覚になります。ずっとみていると海の中を漂っているような気持ちになります。直径5m、圧巻のクラゲの水槽には約2000匹のクラゲがいるそうです。たまたま一瞬人がいなくなって幻想的な写真がとれました。満足♪土日はすごい人のようなので平日じゃないとこんな写真はとれないかも。できれば平日をおすすめします。

他にもまだまだクラゲがいます!

kamo4

小さなミズクラゲたち。この水槽で大きくなったミズクラゲが上のクラゲドリームシアターに昇格するみたいです笑このレインボーの水槽もとても綺麗でした。他にも蛍のように自ら光るクラゲや青いクラゲ、赤いクラゲ、珍しいクラゲなどクラゲ三昧♪クラゲ好きにはたまらない水族館です!

まとめ

kamo5

最後はクラゲのソフトクリーム!赤いのはイチゴですが笑上に乗っている黄色いゼリーっぽいのがクラゲです!味の方は。。。

山形の観光地といえば、山寺、蔵王のイメージが強いですが水族館ブームの今、加茂水族館が山形でも最も有名な観光地の1つとなりそうです!特にミズクラゲの大型水槽「クラゲドリームシアター」は一見の価値ありです。私はこれを見るために鶴岡まで行きました!5時間かけて行く価値ありますよ!ぜひ足を運んでみてください。

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

では、だんだん!

この記事が気に入ったら
いいYo!しよう

著者にYoが届いて喜びます(/▽゚\)

→「いいYo!」ってなあに?

Twitterでちゃっぺをフォローしよう!

スポンサーリンク
ad_pc1
ad_pc1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>