東京マラソン初心者の完走までの道。当日の持ち物、おすすめの服装、練習を公開(準備編)

tm9
どうも@ちゃっぺです!

実は今年(2015年)の東京マラソンに当選して初マラソンを完走しました!次の東京マラソンも近づいてきたので、私が東京マラソンまでに準備したことと当日の回想を紹介したいと思います。(後編出走当日編はこちら

私の運動歴と体力

自分でいうのもなんですが、運動自体はいままでそこそこしてきた方だったと思います。雰囲気的には中学〜大学まで卓球部で卓球、卒業してからも月1〜2回くらいは練習したり、大会に出たりしてました。あと友達に誘われて5kmくらいの短いマラソンにも社会人になってから何度か出場したり、1000m級の低山登山したり軽くではありますが運動してました。5kmくらいなら苦なく走れる30歳半ば男子です。

大会までの練習

tm7

練習は12月頭から始めました。練習量としては隔週くらいで5〜7km(計5回)近所をジョギング。東京マラソンが開催される2月になって、「1回は20kmくらい走っとかないと。。。」と思って本番の2週間前に約20km走りました。1週間前に10km走り最後の練習を終えました。1回20km走っといたので最後の10kmの練習は短く感じたので1回は20kmくらい走っといてよかったなと思いました。42km練習で走るのは心が折れそうなのと達成感がでて本番のモチベーションがさがりそうだったのでやめました。結果的には20kmくらいの練習をしてちょうどよかったと思います。

準備したもの(服装、カバン)

tm11
2015年の東京マラソンは割とあたたかめだったと思います。後ろの方だとスタートしてから30分くらいは走り始められないし、初心者だとゆっくり走ると思うので何も運動してない状態で「肌寒いけど耐えられる」、「走ってるときはちょっと暑いな」くらいの服装が良いと思います。人それぞれなので具体的にこれが良い!という服装は断言できませんが参考までに私の着たものを紹介。

★Reebokウィンドブレーカー(上着のみ。リンクは後継の2015モデル)
Reebok正規品 2015年秋・冬モデルリーボック ワンシリーズ ウインドジャケット+パンツ 【ウイ…
ウィンドブレーカーはリーボック。軽くて防寒、防風に優れる。

★パーカー(綿、普通の)
寒かったらウィンドブレーカー+厚手のパーカーを着ようと思っていたのですが、当日はあたたかめだったのでパーカーは薄手に変更。

★Tシャツ(普通の)
下着がヒートテック一枚では寒そうだったので上に一枚普通のTシャツ

★ヒートテック
鉄板のヒートテック。暖かい日とはいえ2月の東京。寒いので無いと凍えます。

★ハーフパンツ(山登り用、リンクは後継の2015モデル)
カリマー Light trekker shorts
カリマーのショーツ。登山用に使ってたやつ。

★レギンス
C3fit シースリーフィット
C3fitの割とちゃんとしたやつ。これを履いて走ると翌日の疲れが違う。

★ランニングシューズ(NIKEルナグライド)
ナイキ(NIKE)ルナグライド
靴はルナグライド。去年はフライニットが流行っててフライニットにしようかと思ってたけど若干安めなのとフライニットよりは少し重いけどクッション性があるという店員さんのおすすめによってルナグライドをチョイス。十分軽かったです。

★ウェストポーチ
アディダス ウェストポーチ
カバンはリュックで走ろうかと思っていたのですが、試しに練習でリュックを持って10km走ったら苦痛だったので1週間前に急遽ウェストポーチを購入。ウェストポーチよかったです♪マラソン初心者にリュックで42kmはやめた方が良いと思います。ウェストポーチは急遽だったので店頭で安売りしていたものを購入。

当日の持ち物

tm22

絶対忘れてはいけないのは、ゼッケンと計測チップ。これだけはなんども確認。カバンはウェストポーチだったので少ししか荷物は持てませんでしたが、完走するためにはできるだけ軽装でよかったと思います。リュックで走ったらと考えるとぞっとします。。。またスタート地点で荷物を預けられますがもちろん貴重品は預けられないので数千円をカバンやポケットに入れて(貴重品を預けたホテル、ロッカーなどに行けるだけの電車賃くらい)あとはどこかに預けて臨みましょう。また飲み物は給水所で配られるので持参は不要と思います。給水所ではしっかり補給しましょう!

走るとき持ってたもの

★栄養補給ゼリー
当日は20km地点くらいからバナナが配られたり路上の応援する人も食べ物をくれたりしますが、体力無いので結構食欲が湧かず食べることができませんでした。そのためウィダーインゼリーとPowerGelが大活躍。ウィダーインゼリーもいいですが、よりも小さくてエネルギーが多いものの方が良いと感じました。自分に合うものを探してみてください。ウィダーインゼリーでも重いし量も多く感じるので小さくてエネルギーが多いものがオススメです。
Power Gel

★2,000円とSuica
自宅まで電車賃は800円くらいだったので現金は1,000円ほど。Suicaがあったので結果的には使わず。元気な人はゴールでやっているエキスポで買い物したり仲間で走ったときは帰りに食事にいったり飲みにいったりするかもしれないので必要に応じて。私の場合は自宅に直帰したしSuicaがチャージされていたので現金は1円も使いませんでした。

★ハンカチ
無くてもよいという人もいると思いますが、走っている最中トイレには手を拭くものがないです。タオルで拭いてもよいですが個人的に嫌だったので

★ポケットティッシュ
結局使いませんでしたが、鼻血とかでたときように念のため

★携帯電話
写真を撮ったり、応援してくれる友達と連絡したり役立ちます。携帯は是非持参を。

★保険証(コピー)
万が一に備えてコピーほど

★汗拭き用のタオル
タオルは首に巻いて走りました。顔が汗だくだとストレスなので私は必須でした。

★腕時計
スマホでも時間はみれますが、後半(20km)くらいからポケットやカバンからスマホを出す元気が無くなります。まじです。。時間が確認できないと不安なので腕時計があったほうが安心して走れます。安くてもいいんで腕時計をつけて走ることをおすすめします。また腕時計はつけて走ると慣れるまでは結構気になるので練習からつけて走り慣らしたほうが良いです。

預けたもの

東京マラソンでは事前の受付で指定の袋が配布されてその中に入るものは預けることができます。私の場合は帰りの着替え(ジャージの下と替えのヒートテック)とコートをいれました。行きも帰りもそのまま帰る方は預けるものは特にないかもしれません。

裏メニュー

tm21
プリンの被り物
仮装は特にするつもりはなかったのですが、東京マラソン走るなら何かコスプレしたほうがいいというアドバイスがありプリンの被り物を被って出場しました。結果的にはこれが完走のための心の支えになりました。その理由は当日編で。



まとめ

準備編はここまでです。走るときには出来る限りの荷物は少ない方が良いと感じました。参考にしてくださいね(*´ω`*)

後編では実際走ったときの心の状態をコラム風にしてみました(*´ω`*)

後編へ続く(東京マラソン当日編)

この記事が気に入ったら
いいYo!しよう

著者にYoが届いて喜びます(/▽゚\)

→「いいYo!」ってなあに?

Twitterでちゃっぺをフォローしよう!

スポンサーリンク
ad_pc1
ad_pc1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>